2020年は、
東京夏季五輪(東京オリンピック・パラリンピック)の年だが、
年始早々に中華人民共和国・湖北省武漢市からコロナウイルスによる肺炎がパンデミック状態。

WHOの会見ではパンデミックではないとの会見に世界が疑問を呈している。

日本国内での感染者も徐々に増え、
特に「豪華客船・ダイヤモンドプリンス号」に搭乗のクルーズ客とスタッフに感染多数。
2月19日現在、クルーズ船を巡る感染者は計621人と断トツである。

その他では、
中国での猛威は凄いもので「感染者7,400人超えて、死亡者も2,000人を超えた」。

今では世界各地のスポーツイベント(2020東京マラソンなど)、嵐の中国コンサートなども中止となった。

この度、WHOが最初から中国寄りのコメントが発せられている、
病気の名前を「中国・武漢肺炎」とせずに、
「COVID-19」と命名したが、
これに反発(レジスタンス?)する内部の関係者が、
その裏で、「China Output Virus in Decenber 2019」と裏の名前が世界中に拡散しているそうな。
2019年12月 中国が輸出した病毒 の約として。

取り急ぎ、皆さんは自衛をして備えましょう。

各スポーツ選手も感染されないことを願う限りです。

おすすめの記事